前へ
次へ

不動産登記はしなければならないか

土地と建物という不動産は高価な財産です。
また土地の特色として同じものが二つと無いという意味で重要です。
こうした不動産は取引の時にトラブルが無いようにすることが必要です。
高価なものですから、土地を取得しようとする場合に、その土地の所有権が誰にあるのか、また、抵当などの担保がないか、といったことを確認する必要があります。
こうした不動産取引の安全性を図ることを目的として不動産登記という制度があります。
つまり、その不動産の権利関係を公示するのが不動産登記と言えます。
とは言っても、土地や建物の所有権を取得したとき、必ず登記する必要があるわけではありません。
しかし、登記することは、その権利関係を主張することができるので、不動産取引がスムーズにいくと言えるでしょう。
ここで、不動産売買が二重にされた場合を考えてみます。
土地の所有者が二人の別人に、全く同じ条件で所有している土地を譲渡したらどうなるでしょう。
このような場合は先に所有権取得という不動産登記を先にしたほうが所有者となります。
つまり、一つの不動産について二重に登記することができないことに存在意義があると言えるでしょう。

Page Top