前へ
次へ

不動産登記で知っておきたい事

不動産登記は土地や建物等の不動産の所有者を書類としてハッキリとさせる為の仕組みであり、将来的に不動産を相続する時に重宝されます。
不動産登記が無ければ、不動産の所有者が分からないので、税金などを払う時に誰が税金を支払うのかを明確化させる為にも役立てられています。
不動産登記をした後は登記識別情報を各自の不動産所有者に発行されますが、様々な土地や建物に関わる不動産の情報を登記事項証明書から細かく確認する事ができます。
不動産を売却する時にも登記事項証明書に記載されている所有者と売主が一致するかどうかを確認していくので、不動産登記は将来的に不動産を売却する時にも重要になります。
因みに登記事項証明書に記載された不動産の所有者が共有になっており、共有者の片方の名前だけで不動産を売却した際に売却した分の権利は名前を記入した側の部分だけになり、共有者のもう片方の許可を出していない方の分は無効になるので、注意する必要があります。

Page Top