前へ
次へ

不動産登記の書類の一部はコンビニでも発行可能

不動産登記の手続きを進めますと、色々な書類も提出する必要があります。
不動産の権利に関する書類も提出しますし、公的機関から発行される書類も必要です。
どのような書類が必要であるかは、状況次第です。
状況によっては、登記の識別や原因にかんする書類が求められる事もあります。
ところで公的機関から発行してもらう書類は、意外と時間がかかる事もあります。
なぜなら、基本的には役所から発行してもらう事になるからです。
例えば住民票です。
もちろん住民票には、現住所などは明記されています。
その住民票は、基本的には役所から発行してもらうことにはなります。
しかし普段忙しいと、なかなか役所に行く時間を確保できない事もあるでしょう。
普段は昼間の時間帯は仕事で忙しいなら、役所に行くのも難しくなってしまいます。
それでは、登記の手続きも時間がかかってしまいます。

住民票だけでなく、印鑑証明も必要です。
登録された実印を証明する書類です。
そもそも登記の手続きは、慎重さが求められます。
間違いがあると大変ですから、印鑑証明も提出する事になっている訳です。
しかし、その印鑑証明も発行に時間がかかってしまう事があります。
役所に行く必要があるからです。
ですが状況によっては、不動産登記の書類手続きをスムーズにすることもできます。
どうすれば良いかと言うと、コンビニのサービスも活用してみると良いでしょう。
そもそもコンビニには、必ずと言って良いほどコピー機があります。
そのコピー機の読み取りセンサーにカードをかざすと、上記のような書類も発行できる訳です。
あらかじめ役所で手続きを済ませる必要はありますが、かなり時間を短縮する事もできます。
そもそもコンビニと役所を比較すると、前者の方が手続きを進めやすいでしょう。
たいていは、自宅の近くにコンビニがあるからです。
役所の窓口に行くよりは書類発行もスムーズになるので、コンビニも活用してみると良いでしょう。

Page Top