前へ
次へ

不動産登記の書類の一部はコンビニでも発行可能

不動産登記の手続きを進めますと、色々な書類も提出する必要があります。
不動産の権利に関する書類も提出しますし、公的機関から発行される書類も必要です。
どのような書類が必要であるかは、状況次第です。
状況によっては、登記の識別や原因にかんする書類が求められる事もあります。
ところで公的機関から発行してもらう書類は、意外と時間がかかる事もあります。
なぜなら、基本的には役所から発行してもらう事になるからです。
例えば住民票です。
もちろん住民票には、現住所などは明記されています。
その住民票は、基本的には役所から発行してもらうことにはなります。
しかし普段忙しいと、なかなか役所に行く時間を確保できない事もあるでしょう。
普段は昼間の時間帯は仕事で忙しいなら、役所に行くのも難しくなってしまいます。
それでは、登記の手続きも時間がかかってしまいます。

マイホームを早くお売りしたい方におすすめ!
手持ちの不動産物件を素早く売ることができるので、便利です。

東京の自分の希望に合うマンスリーマンションを探せるサイト
エリアや居住人数などの条件に合う物件が簡単に検索できます。

相続で貸宅地がある場合は当社におまかせ!
相続税の額や土地の現状確認など、手続きで必要になる事項をすべて確認してくれます。

住み心地の良いマイホームを施工したい方におすすめ!
自分たちが住みやすいように住宅をカスタマイズすることができます。

床暖房のある家でも床材の交換工事が可能です
既存の設備に傷をつけることなく、新しいフローリングに張り替え致します。

住民票だけでなく、印鑑証明も必要です。
登録された実印を証明する書類です。
そもそも登記の手続きは、慎重さが求められます。
間違いがあると大変ですから、印鑑証明も提出する事になっている訳です。
しかし、その印鑑証明も発行に時間がかかってしまう事があります。
役所に行く必要があるからです。
ですが状況によっては、不動産登記の書類手続きをスムーズにすることもできます。
どうすれば良いかと言うと、コンビニのサービスも活用してみると良いでしょう。
そもそもコンビニには、必ずと言って良いほどコピー機があります。
そのコピー機の読み取りセンサーにカードをかざすと、上記のような書類も発行できる訳です。
あらかじめ役所で手続きを済ませる必要はありますが、かなり時間を短縮する事もできます。
そもそもコンビニと役所を比較すると、前者の方が手続きを進めやすいでしょう。
たいていは、自宅の近くにコンビニがあるからです。
役所の窓口に行くよりは書類発行もスムーズになるので、コンビニも活用してみると良いでしょう。

Page Top